合宿免許のメリット

合宿免許のメリットのひとつは、やはりなんといっても短期間で免許を取得できるという点です。合宿免許はだいたい2週間での免許取得が普通となっており、長くても3週間程度と1か月以内に免許を取得する事ができます
大学生合宿免許ならば例えば大学生が夏季休暇などのまとまった時間で免許取得を目指す場合に重宝します。
しかしまとまった期間が必要となる部分がデメリットとも言えます。
社会人になると3週間というまとまった休暇を取るのが難しいですから、そういう人にとってはデメリットとなってしまうでしょう。

しかし、合宿免許は必要な費用が安いというのもメリットです。宿泊施設などの有無によって値段が上下しますが、基本的な相場は20万円から25万円程度となっており、安いものになると18万円ほどの安さで利用する事ができます。通学して免許を取得する場合は30万円ほどが必要となりますから、10万円近く安くなるというのは費用を抑えたいという人には魅力的です。ただ、時期によって値段が上下しやすいので、なるべく人が少ない時期を狙っておかないと通学する場合と同じくらいの値段になってしまう事もあります。

そしてもうひとつのメリットとして、もし試験などに落ちてしまった場合の保証があるプランも選べるという点が挙げられます。追加講習を受ける場合、通学では追加料金がかかってしまいますが合宿免許の場合はそういった場合も保証されているプランが多くあります。

一度で絶対に取得しなくてはいけないのではなく、何度か失敗できるというのは安心材料となるでしょう。

関連サイト〔保証付き合宿免許情報 / 免許の匠

合宿免許と通学免許

自動車運転免許の取得を目指す場合、免許センターへ通学したり合宿免許を利用する事になります。
通学して免許取得を目指す場合と、合宿免許で取得する場合ではそれぞれにメリット・デメリットがあり、一概にどちらの方が絶対に良いと言えるものではありません。
それぞれのメリットとデメリットを知った上で、自分がどのくらいの期間や費用で免許取得を目指したいのかを考え、それに合っている方法を選ぶと良いでしょう。

通学する場合と合宿免許を利用する場合、どちらが絶対に良いという事はありませんが、その人が取得までにかけたい日数や費用によって向いているかどうかが変わってきます。

合宿免許は短い期間で免許を取得したいという人におすすめですし、通学する場合はある程度自分の意志で日程をコントロールできるという利点があります。合宿免許は通学する場合と比べて違う点が多くありますし、通学する場合もそれだけしかないメリットを持っています。それぞれの違いを知らないまま選んでしまうと、免許の取得が遅れてしまったり、費用が想定以上にかかってしまって負担が増えてしまう事もあります。そういった事にならないように、合宿免許と通学のメリットとデメリットを知り、どちらの方法で免許取得を目指していくのかを考えるようにしましょう。

当サイトでは合宿免許通学して免許を取得する方法それぞれのメリットとデメリット、どちらが良いのかなどついての簡単な解説をしていきます。合宿免許と通学免許の違いを知り、それぞれのメリット・デメリットを知れば選ぶ時の基準となります。当サイトを見る事でどちらの方法を選ぶのかを考えるための一助となれば幸いです。