どちらがいいのか

通学免許と合宿免許は、どちらにもメリットとデメリットがあります。ですから免許取得を考えた時に、絶対にこちらの方法が良いという事ではなく、自分にはどちらが合っているのかを考えた上で選ぶようにしてみてはどうでしょうか。

スケジュール帳のイラスト合宿免許はまとまった期間で取得を目指す場合におすすめで、スケジュール管理などに自信がない、長期間通うのは難しいという人にぜひ利用してほしい方法です
1か月程度の期間で取得ができ、時間割なども教習所で事前に発表されていてどのようなスケジュールになっているのかもわかりやすいですから、大学の夏休みやアルバイトを休んで取得するなど、まとまった休みを取って一気に取れるというのが魅力です。
週末には帰宅できる合宿免許プランもありますので、時間割などを確認してみると良いでしょう。

通学免許の場合は自分でスケジュール管理ができるので、社会人の方やアルバイトが忙しいという人が、時間の合間を縫って免許取得をしたいという場合に便利です。早い時間から実技教習の予約ができますし、筆記授業は全て受ける事が前提ですが、どういった順番で授業を受けなくてはいけないという事は決まっていません。ただ、スケジュール管理を間違うと追加講習などを受ける事になり、余計な費用がかかってしまいますから注意が必要です。

通学免許のメリット

通学免許のメリットは、自分でスケジュールを調整できるという点にあります。基本的に実技に関しては、通学免許では事前に予約しておいてその時間になったら教習を受けるという形になります。筆記の勉強も時間割は決まっていますが、受けるかどうかは本人次第ですから本試験までに間に合うのであれば、どのようなスケジュールで教習や授業を受けても問題ありません。ですから大学生などがアルバイトをする合間に教習を受けて、スケジュールを組んで取得を目指すという事もやりやすくなっています。

また、教習所は朝早くから予約をすることができますので、例えば大学に行く前に予約をしておいて大学の授業がない時間に教習を受けるという事も可能です。自分の空いた時間を有効に使って免許が取得できるというのは、特に大学生にとって非常に魅力的だと言えるでしょう。

デメリットとしては、料金がかかってしまうという点が挙げられます。相場としては30万円前後が基本となっており、さらに追加教習などを受ける事になるとさらに料金が上乗せされてしまいます。また、スケジュール調整が上手くいかないと仮免許の期間内に免許取得ができず、余計に費用がかかってしまうという事もあり、きちんとしたスケジュール管理が求められる部分もあります。もちろんきちんとしたスケジュール管理をしておけば、追加教習などは受けずに済むので問題ありません。

合宿免許のメリット

合宿免許のメリットのひとつは、やはりなんといっても短期間で免許を取得できるという点です。合宿免許はだいたい2週間での免許取得が普通となっており、長くても3週間程度と1か月以内に免許を取得する事ができます。合宿免許ならば例えば大学生が夏季休暇などのまとまった時間で免許取得を目指す場合に重宝します。しかしまとまった期間が必要となる部分がデメリットとも言えます。社会人になると3週間というまとまった休暇を取るのが難しいですから、そういう人にとってはデメリットとなってしまうでしょう。

しかし、合宿免許は必要な費用が安いというのもメリットです。宿泊施設などの有無によって値段が上下しますが、基本的な相場は20万円から25万円程度となっており、安いものになると18万円ほどの安さで利用する事ができます。通学して免許を取得する場合は30万円ほどが必要となりますから、10万円近く安くなるというのは費用を抑えたいという人には魅力的です。ただ、時期によって値段が上下しやすいので、なるべく人が少ない時期を狙っておかないと通学する場合と同じくらいの値段になってしまう事もあります。

そしてもうひとつのメリットとして、もし試験などに落ちてしまった場合の保証があるプランも選べるという点が挙げられます。追加講習を受ける場合、通学では追加料金がかかってしまいますが合宿免許の場合はそういった場合も保証されているプランが多くあります。

一度で絶対に取得しなくてはいけないのではなく、何度か失敗できるというのは安心材料となるでしょう。

関連サイト〔保証付き合宿免許情報 / 免許の匠